ブランクを経て復帰したピアノ弾きが
固定観念を破りながらやりたいことと向き合う過程を共有します

あの電車の音楽はクラシックだった。
都営地下鉄で聴く、懐かしのブルグミュラー。

こんにちは、
朝ごはんにギョウザを焼くカワグチです!

あの電車の音楽は、なんの曲?

みなさま、毎日よく聴く電車の発車音楽って
元の曲がなんの曲か、気になりませんか?

先月12月に、クリスマスに便乗して
ストリートピアノ行脚を行っていた時のこと。

千代田区九段下(くだんした)の、ピアノが置いてあるお花屋さんに
ピアノを弾きに行ったときです。

【見る×聴く癒し】ピアノが置いているお花屋さん九段下「シーズンハーツ」さんに行ってみました!

地下鉄の発車音楽がクラシックだった

九段下って、まわりに何があるのかなぁと
いつもお馴染みWikipediaで調べていると、

地下鉄の発車音楽が書いてあるのが目につきました。
さすがWikipedia、ぬかりないですね。

そういえばいつも聞き慣れたあの音楽、
一人で耳コピして遊んでいたけど
なんていう曲が元なんだろう。と思って目が行くと
都営地下鉄(東京メトロじゃないほう)共通の発車音楽に
素直な心 / ブルグミュラー」と書いてある。

都営地下鉄の発車音楽

ちなみにご存知ない方のために、
都営地下鉄の発車音楽(ドアが閉まる直前に鳴る音楽)はこんな感じ↓です
(動画の1:09〜)

弾いたことがある曲だった

ブルグミュラーの素直な心…
なんか聞いたことある。
絶対知ってる。
というか、子供の頃に弾いたことがあるはず。

どの曲だっけ?と思って調べてみたら、
入門曲集として使われる、というか
わたしも幼少期に親しんで弾いていた
ブルグミュラー25の練習曲

(いやぁ、こういう時Amazonの画像使えないの不便すぎる!(T_T))

この曲集の1曲目が「素直な心」でした!

元のブルグミュラー曲を弾いてみた

ということで、かなり久しぶりに
懐かしのブルグミュラーを思い出して弾いてみました(^O^)

ブルグミュラー / 25の練習曲より「素直な心」(Burgmüller / 25 Etudes Op.100-1 “La Candeur”)

言われてみると、最初のフレーズをちょっと変えているだけで
ほぼそのままですよね!

こんなクラシック界隈で有名な曲が地下鉄の音楽に使われていたとは。
都営地下鉄の中の人はクラシック愛好家なのでしょうかね。

東京近郊の方々、知っていましたか?
(その他の地域の方と車社会の方々すみません。。)

たしかに、殺伐とした電車ホームでは、
ハ長調のこの曲は和んでよいかもしれませんよね(^^)/

共感したら↓「いいね」押してってね

いいね (まだ評価がありません)

この記事をシェアする

記事のURLをコピーする

記事のシェア・ご紹介はご自由にどうぞ◎

ブログトップに戻る

最新の投稿が毎週届く
メール配信始めました!

ブログ記事とアップした曲を、毎週メールで配信。
最新の投稿を見逃さずにチェックしていただけます!

配信登録はこちら