ショパン / ピアノソナタ第2番
変ロ短調 Op.35
第3楽章「葬送行進曲」

HaMGzOrK3O8
Bravo!

気に入ってくれたら↓「いいね」してね

いいね (まだ評価がありません)

文字通り死者を弔うというテーマで作られた「葬送行進曲」ですが、
ショパンらしい綺麗なコードの響きが美しくて好きな曲です。

病んだ時によく弾いていますw

人間味と機械的行進の対比

綺麗なコードの中に、ちょっと小気味悪い不協和音が入り
生を称えて死を悔やむという、絶妙なバランスになっています。

生の美しさと、死の喪失感。
機械的な行進のさまと、人間臭い感情。
曲の中に相反する対比が凝縮されており、さすがショパンさまです。

音楽の役割ってなんだろう、と思ったとき
誰もが抱えている、死に対する恐怖を言葉にせずとも(メロディーという共通言語で)分かち合うことなのかな、と思ったりもするのですよね。

暗くて怖いので、弾く場面を選ぶかも

練習室がお葬式モードになってしまわないか、
人のいる練習室では弾くのにちょっと気を遣いました(^^;

夜の人気のない山奥の練習室で弾いているときは、さすがにちょっと怖かったです…笑

難易度・弾いてみた感想

カワグチ的難易度…

  • レベル5

    弾けるようになるまで苦戦した
    渾身の一曲です!

  • レベル4

    なかなか弾きごたえのある曲でした…!!

  • レベル3

    難易度はそこそこですが
    一癖ある曲でした

  • レベル2

    すぐ弾けるかなと思いきや、ちょっと手間取りました

  • レベル1

    弾きにくい箇所が少ない分、
    表現力が問われます

初見で弾けるんじゃないかと思いましたが
弾いてみると意外と難しかったです…!

メロディーは単純ですが、和音が離れているので手が届きにくいし、
リズムがきっちり揃っている分、きれいに音を合わせて聴かせるのに腕が要る気がしました。

ここで弾きました

サビ(?)の部分を弾くたびに、スカーフがぬるりんと滑り落ちていったNG動画を思い出して

いいところでスカーフが落ちる(ショパン:葬送行進曲)

いつもスカーフをしていないのに、落とすんじゃないかという気になりますw

演奏曲「葬送行進曲」の詳細情報

作曲家・
アーティスト名
ショパン(F.Chopin)
ジャンル
クラシック
かわ的難易度
3

このページをシェアする

URLをコピーする

シェア・ご紹介はご自由にどうぞ◎

曲一覧に戻る

♪≡ 出張演奏・イベント お声掛けください ≡

「次のあの会で演奏してほしい」
「この曲を弾いてもらえないかな…」
演奏依頼・イベントのオファーを承っております。
パーティー・冠婚葬祭に「音」の彩りを加えませんか。

ご依頼・ご相談は
ご依頼フォームよりお待ちしております(^^)/

先頭に戻る

ページ先頭へ